給料 前借り

前借りをする時の選択肢として、会社に借りずに無利息サービスのあるカードローンを利用するのが便利。
プロミスは借入可能か3秒診断があるのもオススメ理由のひとつ。「30日間無利息サービス」について、詳しくはプロミス公式サイトでご確認ください。

会社やバイト先から給料の前借りや前払いは場合により可能

会社やバイトで毎月安定した給料を貰っている人でも、給料日前の金欠時に急な出費があるとお金が足りなくなることもありますよね。

給料日前で金欠の悩みを抱える女性

勤めている会社やアルバイトの方でしたらアルバイト先から、「来月の給料を前借りしたい」と思った時、どうすればいいのかを解説します。基本的には、会社で定められている規定によって前借りが可能か不可能かはわかれます。

 

でも前借りのリスクとして、前借りをするという行為が「この人はお金に困っている人なのかな?」と思われるリスクがあるのも事実です。

 

場合によっては、短期間無利息で借入可能な金融サービスを利用することをおすすめします。あとくされなく必要なお金を作ることができるので、人間関係も意識する必要が無いのが最大のメリットですよ。

前借りの代わりに30日間無利息で借りれるサービス!

(無利息サービスの詳細はプロミス公式サイトでご確認ください)

借り入れ可能か簡単3秒診断が人気

 

 

おすすめポイント

前借りの申請をするよりも、お給料が入ることが確定しているのであれば「30日間無利息サービス」のあるカードローンを利用するのが便利です。申込だけでもしておけば、「急な出費でお金がない」といった場合でも利用できるので、とてもおすすめですよ。

初回ご利用日翌日から30日間無利息と他のサービスよりも無利息期間が長い
来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング
土日祝日24時間申込可能
最短1時間融資のスピード感

 

 

お金に困った時・・・どうにかして必要としているお金を捻出する方法がありますが、それには次のような方法が考えられるでしょう。

  • 日払いのバイトでお金を稼ぐ
  • 物を売ってお金を作る
  • 親や友達からお金を借りる
  • 金融機関からお金を借りる
  • 勤務先からお金を借りる

 

お金を作る方法はこのように選択肢が意外と多くなっていますが、それでも勤務先からお金を借りる方法については人によって躊躇してしまうこともあるでしょう。

 

それでも場合によっては勤務先から給料の前借りや前払いでお金を借りることも可能となっているのです。
このページでは勤務先からの給料の前借りや前払いについて解説をしています。

 

給料の前借りや前払いは労働基準法でも定められている

給料の前借りや前払いについては、基本的には勤務先が応じる義務はないとされています。

 

それには「毎月一定期日払い」という原則があり、毎月一定の期日に給料を支払うことが必要になっていますが、給料日以外に給料を支払う義務はないという理由があるからです。

 

それでもこの法律には例外もあり、その1つが「非常時払い」となります。

 

非常時払いは給料を前借りや前払いで借りるための措置であり、労働基準法の第25条に以下のように定められています。

 

「使用者は、労働者が出産、疾病、災害その他厚生労働省令で定める非常の場合の費用に充てるために請求する場合においては、支払期日前であっても、既往の労働に対する賃金を支払わなければならない。」
【参考:講義 社労士合格ゼミナール「非常時払い 第25条

 

この法律では、労働者やその人に扶養されている人が非常時(出産や病気、災害、結婚、死亡、またはやむを得ない理由により1週間以上の帰郷などでお金が必要)の場合、既に働いた労働に対する賃金の支払いを求めることができるとしているのです。

 

給料日の前払いはいくらまで?

勤め先から前借りできる給料の金額は、当月給料の算定期間の開始日から前払いを申し出た日までということになります。労働していない期間の給料の前払いについては、非常時払いによる前借りであっても前払いする義務は勤務先にはありません。

 

そのため給料の前払い分だけではお金が足りないという時には、勤務先に不足分を借りることができるかどうか相談してみると良いでしょう。

 

ただし上記のようにまだ働いていない分の給料の前借りは勤務先との交渉次第となるため、過度に期待するのは禁物と言えます。

 

給料の前借りや前払いが期待できない場合とは

出産や病気、災害などの理由があれば勤め先から既に働いた分だけの給料を借りることは可能ですが、それ以外の場合には給料の前借りや前払いは会社側の裁量次第となっているのです。

 

例えば以下のような理由では給料の前借りや前払いに勤務先が応じてくれることは期待できないでしょう。

  • パチンコで無駄遣いしてしまった
  • 消費者金融への借金返済にお金が必要
  • 車の修理代が払えない
  • 家賃の支払いにお金が必要
  • 給料日までの食費が足りない

このような理由では、いくら既に働いた分だからといって給料の前借りをお願いするのは難しいかも知れません。

 

給料の前借りや前払いをする方法とは

給料の前借りや前払いでお金を借りる方法は勤務先により異なるとは思いますが、主に以下の2つと言えます。

  • 勤務先の上司に給料の前借りを申し出る
  • 前借りのための借用書の提出をする

給料日前に既に働いた分の給料を前払いしてもらう場合、口頭で前借りを申し出るだけで足りる場合もありますが、会社によっては借用書の提出を求められる場合もあるのです。

 

給料の前借りに必要な借用書とは?

給料の前借りを勤務先に申し出た時に借用書の提出を求められることもあります。必要となる用紙は会社で用意してくれる場合もありますが、簡易な用紙を自分で用意する場合もあるでしょう。

 

自分で用紙を準備して借用書を作成する場合には、以下のような項目を記載する必要があります。

  • 宛名(勤務先名)
  • 前借りする金額
  • 返済期日
  • 利息(利息なしなら0%と記入)
  • 前借りする日の年月日
  • 住所
  • 名前

上記は給料の前借りであっても記入する必要のある項目であり、最後に名前の欄に印鑑を押して借用書の作成は完成となるのです。

 

返済期日はいつになる?

勤務先から給料の前払いを依頼する場合、既に働いた日数に対する給料であっても給料の前払いは借金と同じと言えます。給料日以外に勤務先が給料を支払う義務は基本的にはないからです。

 

そのため返済はしっかり行う必要があるのですが、ただし労働基準法の17条で給料の全額払いを原則としているため、双方の合意がある場合を除いて借金と給料の相殺はできないことになっているのです。

 

したがって返済期日については返済方法と併せて事前に勤務先と話し合いをしておく必要もあるのです。
【参考:借金堂「会社から前借りという方法は非現実的?」

 

給料の前借りで利息の支払いは必要?

自分が働いた給料であっても給料日以外にお金を貰うことは借金とみなされる場合が多く、その際には場合により利息を支払う必要があるのです。

 

ただし利息の支払いが必要になるかどうかは勤務先の意向次第となりますが、税務署では社員への貸付には利息を取るように指導している場合もあるため、利息については勤務先に確認を取ることが必須となるでしょう。

 

給料を前借りできる人とは?

給料の前借りができる人は月給制で勤務している正社員だけなのではと思っている人も多いと思います。

 

それでも給料の前借りお願いできるのは以下のような人となっているのです。

  • 正社員
  • パート
  • アルバイト
  • フリーター
  • 派遣

このように給料日前に働いた分の賃金を前払いしてもらえるのは正社員だけではなく非正規雇用の人も含まれています。

 

そのためどうしてもお金が必要で困った時、勤務先に給料の前借りを交渉してみることも可能となるのです。

 

正社員が給料を前借りする場合

正社員の人なら月給制となっている場合が多く、固定給であるため給料の前借りも頼みやすいと言えるでしょう。

 

給料日前に突然の出費で困った時にお金を借りる選択肢の1つとして、勤務先に給料の前払いをお願いしてみるのもアリかも知れません。

 

特に養っている家族が出産や病気などでお金が必要になった時などには給料の前借りがしやすくなるため、その際には上司に相談してみると良いですね。

 

パートの人が給料を前借りする場合

パートであっても勤務先で給料を前借りすることは可能です。基本的には既に働いた時間数に対する金額となるため、それ以上の金額の前払いは難しいかも知れません。

 

それでも長く勤めていて職場の上司や経営者との信頼関係があるならば、交渉次第ではそれ以上の金額の前借りが可能になる場合もあるでしょう。

 

アルバイトの人が給料を前借りする場合

アルバイトの人もパート同様に既に働いた時間分ならば給料の前借りが可能になっているんです。

 

同じアルバイトでも高校生の給料前借りは未成年であるため難しいと言えますが、成人している大学生などのアルバイトなら病気や災害など緊急の時ならば給料の前借りが利用できるかも知れません。

 

ただし日払いや週払いの短期アルバイトでは給料の前借りは難しくなるため要注意です。

 

フリーターの人が給料を前借りする場合

フリーターと言っても雇用形態はパートやアルバイトと同様と言えるでしょう。

 

雇用形態に関わらず病気などの緊急時ならば働いた時給や日給分の賃金の前払いをお願いすることができるため、主婦や学生などでなくても給料の前借りは可能です。

 

ただ日払いや週払いのバイトをしているフリーターの場合には給料の前払いをお願いするのは難しくなりますが、同じ職場で一定時間働いているならば、病気やケガで働けないなどの時には既に働いた給料の前借りを申し出てみると良いでしょう。

 

派遣の人が給料を前借りする場合

派遣は、人材派遣会社に登録をすることで仕事を紹介してもらい働くシステムとなっています。勤務先が決まってしまえば常に一定の職場で働くことができるため、一定の賃金を稼ぐこともできますね。

 

派遣であってもパートやアルバイトと同様に既に働いて稼いだ給料分ならば、病気や地震・火事など不測の事態となった場合には給料の前借りをすることが可能です。

 

定職に就いていないからと諦めずに、緊急時には派遣会社に給料の前払いを申し出てみると良いでしょう。

 

多くの会社が採用している前給とは?

給料を前借りすることは、給料日前の金欠時には有効なお金の調達方法の1つと言えます。
給料日でなくても給料の一部を前払いしてもらえるなら本当に便利ですよね。

 

ところで地方銀行の東京都民銀行では、既に働いた分の給料の前借りができる「前給制度」というサービスを提供していて、多くの企業がこの制度を採用しています。

 

ただし「前給(まえきゅう)」は、ビジネスモデルとしての特許を取得しているため同行ならではのサービスであり、利用にはこのサービスを導入している勤務先で働くことが必須となるのです。
【参考:東京都民銀行「前給」

 

前給を利用するメリットとは

企業が前給制度を導入するメリットには以下のようなことがあるのです。

  • 新たな人材の獲得や確保に有利
  • 離職率を低下させることができる

企業では前給を導入することで、前給制度を利用できる利点を感じて就職を希望する人が増える、また前給を利用できる便利さから会社を辞める人が少なくなることが期待できます。

 

そして、前給は働く側の人にこそメリットが多いのです。

  • 勤務先の上司の承認が要らない
  • 審査がない
  • 金利は「0%」
  • 申込みは携帯電話でもOK
  • 前借りする給料は最短翌日に給料受取り口座に振込みしてもらえる

会社からの給料の前借りには上司の承認が必要であったり、病気や災害などの緊急時に限定されてしまうのが一般的と言えます。

 

それに対して前給を利用する場合には上司の承認は不要であり申し込みカンタン、どんな理由であっても金利なしで素早いタイミングにより給料を前借りできるというメリットがあるのです。

 

前給を利用する際にはココに注意!

前給を利用することで、勤務先で働いた分だけの給料を前借りするような感覚で足りないお金の捻出が可能になります。

 

ただし前給の利用には、前給制度のある勤務先でしか利用できないという点に加え、以下のように注意するべきポイントがあるのです。

  • 給料受取り口座への振込みには手数料が掛かる
  • 前借りしたお金は次の給料で一括返済となる

 

勤務先で給料を前払いしてもらう時、給料受取り口座への振込みか現金でお金を借りることとなります。

 

勤務先からの前借りならば振込みの場合でも手数料を取られない可能性もありますが、前給では振込み手数料が必ず必要になり、その分を差し引かれた金額が振込まれることになるのです。

 

また返済は次の給料との相殺となり、給料日に口座に振込みされるのは前給で借りたお金を差し引いた金額となります。

 

会社から前借りした給料を返済する場合には、法律により給料との相殺は双方の同意が必要となるので、相殺を希望しない場合には一旦は全額で給料を支払ってもらうことができます。

 

また返済方法についても勤務先と相談をして分割にしてもらうという選択肢もあるでしょう。

 

それに対して前給の場合には「給料との相殺による一括返済」となっているため、多くの金額を前給で借りた場合には次回の給料日に振込まれる金額が極端に少なくなるという大きなデメリットもあるのです。

 

上記の理由により便利な前給の利用にも注意が必要となるのです。

 

前給を採用しているのはどんな会社?

東京都民銀行だけで利用できる前給を採用しているのはどんな会社でしょうか。
業界別で紹介すると以下のように多くの方面での利用があるようです。

  • 飲食チェーン
  • 人材派遣
  • コールセンター
  • 小売業
  • ホテル
  • レジャー施設
  • 物流・倉庫
  • 介護

また上記の他にも多数の業界で前給が導入されています。

 

このように多数の業界に渡り利用されている前給ですが、例えば以下のような会社がサービスの導入を行っているんです。

  • アリさんマークの引越社
  • すかいらーく
  • 幸楽苑
  • 松屋
  • マクドナルド
  • 東京ドーム
  • エルコム(人材派遣会社)
  • 京王プラザホテル
  • アウトソーシング

上記のように有名な企業も多く前給を取り入れているので、誰もが知っている会社であり更に前給サービスがある所で働きたいと考える人も多いでしょうね。

 

給料の前借りや前払いの欠点とは

お金が不足して困った時に給料の前借りや前払いが利用できればとても助かりますよね。利息なしや審査が不要ということでは、金融機関でお金を借りるより便利とも思えるでしょう。

 

それでも給料の前借りや前払いには欠点もあるのです。

  • 会社に給料の前借りを申し出ることで信用を失くすリスクもある
  • 同僚に前借りがバレてしまう恐れもある
  • 前借りには会社との信頼関係が大きく左右される
  • 無理な返済方法となる可能性もある
  • 家族に内緒で給料を前借りするのは難しい
  • 基本的に緊急時以外の給料前払いには対応できない

会社からの給料の前借りや前払いには、少し考えただけでもこれだけのことが挙げられるため、実際にはそれ以上の欠点もあるでしょうね。

 

給料の前借りで会社からの信用を失くす?

給料日前に金欠になる人は多いですが、病気などの緊急時以外で給料の前借りを申し出る場合には、お金が足りない理由を聞かれる可能性は高いでしょう。(類似サイト→給料日前金欠

 

また他の同僚と殆ど変らない給料であるにも関わらず、給料の前借りをお願いするのが自分一人である場合、お金の管理ができない人と思われてしまう可能性があり、信用を失くしてしまうリスクも高まりますよね。

 

更には会社や上司などとの普段の信頼・人間関係が上手く行っていないと給料の前払いについて言い出し難く、普段の関係性が大きく左右されることとも言えるでしょう。

 

給料の前借りは申込みや返済で不便な一面も

給料を前借りしたい時、基本的には申込みの理由が病気などの緊急の場合でない時には申請に応じてもらえないことが多いです。

 

また前借りしたお金の返済方法については普段からの勤め先や上司との関係性により、無理な返済方法となってしまう可能性もあります。

 

例えば給料が手取り20万円である人が10万円を前借りした場合でも、返済方法の交渉次第では一括返済となることもあり、次回の給料では10万円しか手元に残すことができなくなってしまいます。

 

その場合には再び金欠になり、再度の給料の前借りが必要になることもあるのです。このように給料を前借りした場合、必ずしも自分にとって都合の良い返済ができるとは限りませんね。

 

家族に内緒の給料の前借りや前払いは難しい

殆どの勤務先では給料の支払い日には給料明細が渡されます。給料の前借りをしている場合、返済方法で給料からの天引きを同意した場合には給料明細にその旨が記載される可能性もあるでしょう。

 

その場合に独身者であれば何の問題もありませんが、配偶者がいる場合には毎月給料明細を見せている人も少なくないと思いますので、内緒の前借りの場合その時点で相手にバレてしまいますよね。

 

そのため奥さんや旦那さんに内緒で自分の給料を前借りし、給料から返済することにした場合には返済が完了するまで給料明細を見られないように注意する必要があるでしょう。

 

その場合には家族に内緒の給料の前借りは難しいとも言えますよね。

 

給料の前借りや前払いが難しいなら消費者金融で借りる選択肢も

給料の前借りには借入れの理由により利用できないこともあり、会社からの信用を失くしたり同僚や家族にバレるというリスクもあるのです。

 

また返済方法についても自分の都合に合わせることが難しい場合もあるため、無利息や無審査で借りれる反面欠点も多いのが実状と言えます。

 

それならば30日間無利息で借入れ可能となる大手の消費者金融を利用するのも金欠から抜け出す1つの方法と言えるでしょう。

 

このような消費者金融なら30日間利息なしで借入れすることも可能ですし、使い道自由であり家族に内緒にしたい場合の配慮も万全、10万円借りても毎月の返済は4千円程度となっているため、会社から給料の前借りや前払いをする場合よりも便利なことも多いのです。